自己紹介

自分の写真
埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2021年2月17日水曜日

冥土の飛脚

 先日、お友達にお誘い頂いて、文楽を観に行ってきました。初めての文楽でしたが、とても楽しめました。

冥土の飛脚

ざっくりなあらすじ。。飛脚屋さんに養子でもらわれてきた農家のダメ男が、遊郭の女性にうつつを抜かして、商売のお金に手をつけて、遊郭の女性と駆け落ちをするというはなし。


この主人公のしょうもなさと、最後まで駆け落ちした女性を大切にする姿がこの物語をどこか温かいものにしてるなと思います。クライマックスの駆け落ちのシーンでは絶え間なく雪が降ります。これがまたこのシーンを盛り上げてくれます。

途中から人形なのか、人間なのかもう全く意識する事なく完全に物語に入り込んでいました。

寒い中、追手に追われ死ぬか生きるかの状態の中でも、2人がお互いを思い合っている姿は感動したし、二人を応援する気持ちになって来ます。この二人のお互いを思いやりあって逃げているその姿がこの物語を救われない暗さにしないんだろな。そんなところが凄くステキでした。


もし機会があったら是非、皆さんにも観に行って欲しいと思います。素晴らしい日本の伝統芸能がずっと引き継がれていきます様に。そんな風に思いました。