自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2018年8月17日金曜日

ふと。。。

アレサフランクリンが亡くなった事がじわじわと私の心に寂しさをもたらして、朝からアレサフランクリンのユーチューブを見ていました。



こんな風に人の心を動かす事ができる音楽、芸術というものはやはり凄いなーと。

そしてふと、
会社も、政治もまとめて社会というもので人が作ったものの地位に踊らされている人とか。なんだか全てが子供の頃にやったおままごとの中の世界と変わらないんじゃないかなんていう感覚が、、、

社会的地位、学歴、芸術の中でさえ、人は優劣をつけたりしがちで、それが存在するのもわからくはないし。他ならぬ私もその中の一人ではあるのだけど、、、

何が言いたいかっていうと、アレサフランクリンの歌然り、この間観た映画カメラを止めるな然り、心を動かされたという、この確かな感情だけは確かなんだよなって事を考えました。