自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2018年1月31日水曜日

遅くなりましたが、ジャズマルライブお礼

先日のジャズマルライブ、お越しくださった皆様ありがとうございます。

今回の出演はゲスト出演で、全部で5曲歌わせていただきました。一曲入魂。ずっとそんな風に歌ってきたつもりだけど、やはり1ステージ2曲となると、5曲歌う時とは歌う前の気持ちも違っていたので、改めて5曲歌う時の一曲入魂について見直さないとなとも思い、勉強になりました。

録音を聴いたら、But Beautiful が自分の中ではよかったなとおもいました。年末くらいに、自分の発声で気になるところがあり、それも直っていたし、逃げないでまっすぐに歌えていたなと思います。

久しぶりにこじのりさんとの再会共演も嬉しかったな。

ライブ後のご機嫌な3人!!


2018年1月19日金曜日

ちぐさライブお礼

野毛の老舗ちぐさ、とてもステキなお店でした。驚いたのは、創業昭和8年とおっしゃっていたかな?とにかく戦前とのこと!!その歴史は、凄いですよね!!

昨夜は沢山のお客様にいらして頂きまして、心よりお礼申し上げます。横浜のライブは、お客様との意外な繋がりがあったりして楽しいです。昨夜は鶴ヶ峰にあった広島流お好み焼き屋さん桃太郎を経営していた方のご兄弟がいらっしゃいました。当時、広島流お好み焼きは珍しく、高校生だった私は友人と、少ないお小遣いをはたいて何度か食べに行きました。初めて食べた広島流お好み焼きは、とてもボリューミーで、おいしかったなー。

さて、ライブの方は相変わらずシブい響きの龍さんのピアノと、ベース、サックス、プラスゆりっぺでした。
思い通りに歌うことの難しさ、、それでも誤魔化しのない歌を歌っていきたいなと強く思いました。自分を認めらところからしか、発展も成長もありえないですもんね!!



写真は、Ordinaryのカメラマン桑原さんに撮って頂いた写真です。


2018年1月7日日曜日

2018歌い初めは、、、

コントレイルからの2018スタートとなりました。
お越しくださった方々は、殆どがニュージーランドからお越しのお客様となりました。なかなかない、とってもエキサイティングなスタート!!


帰りは終電に間に合わず、池袋からの深夜バスに乗ろうと、共演の山口さんに池袋まで送ってもらい、バス停に行くと、先に男女二人組さんが待っていました。たぶん、寒いねーとか、何とかから話始めて、待っている間、一緒に飲もうか!!となり、ノリのいいカワイイ彼女と盛り上がって、奢ってあげるよーっとかなんとかで、缶ビールを買って、飲みながら待つも、バスは来ず、、、なんで来ないのかも思い出せないのですが、とりあえず三人でタクシーで帰ることになりました。2人ならお泊りした方が安くすみそうだし、もしかして私に合わせてくれたのかな?なんて話もしながら、タクシーでもなんだかきっと人生について語ったりしたのかなー。彼女の印象とかはしっかり覚えているけれど、タクシーを降りるときに払ったのは、たったの二千円でした。Mちゃん色々とどうもありがとう!!

お酒って、いいなーと思うのって、こういう時。心の垣根が取っ払われる。

それにしても、本当に素晴らしい忘れられない歌い初めの夜となったのでした。









2018年1月1日月曜日

2018

あなたの一番得意な曲を聴かせてと、、、そんな風に言われた事があって、凄く困った事がありました。なんで困ったか、、、それは、何度か書いているから、わかる人には、わかるかもしれないけれど、完璧、絶対、そんなものがなくて。
確立されたと思った曲が、思った瞬間に、手から離れていく。。。
だから、一番得意な曲って、その時の伴奏、感覚、感情、空間、いろんな事が関係していてこれと答えられなかった自分がいた事を、凄く当然だと思いました。

2018年ですが、年を新たに何か目標を決めるのはとても大切な事だと思います。

人の話をよく聞くこと、言い訳しないで練習すること、これを目標にして行こうと思います。

もう少しで、階段一段上がれる所に来ているのに、2017は、その段を上がれなかった気がするんです。もう少しで、なにか掴めそうなのに。もう少し、もう少し、そんな気持ちで年を取っていくことはとても素敵な事だなとも思うし、音楽的に成長していきたいと言う思いは、常に永久に貪欲でいたいと思います。

2018年、まだまだ未熟な私ではあります。でも、きっと、今年もまたお付き合いくださる事、ありがたく思います。歌で恩返しが出来る。そんな歌を歌える様頑張っていく一年にします!!どうぞ今年もよろしくお願い致します。


長島百合子