自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2017年11月17日金曜日

動画にて

本当は動画を貼り付けたかったのですが、まあ機会があればまた今度。それより忘れてしまわぬ様に書いておこうと思います。

日々思うこと、感動はあって、それはほんとにいちいち表現できない事であったり、量であったり、忘れてしまう事もあったり。。

最近、日本のポップス音楽を聴く機会が多々あります。子供達から教わるたくさんのことの中の一つ。

ラッドウィンプスのようじろうさんが書いた曲に蝶々結びという曲があるのだけど、蝶々結びの結び方を歌にしてる。凄く斬新なアイディアだなと感心しました。興味を持った方は、ぜひ歌詞を調べてみてくださいね。

この蝶々結びだけど、わたしは娘から、今まで自分が知ってるのとは違う結び方を教わりました。この結び方は娘が現地の友人から教わったそう。これしかないという固定概念による蝶々結びの結び方、40手前でそりゃ驚きました。はぁー。そういう事凄く沢山あるんだろな。自分がこれだと疑いもしなかったことが全然違かったり。まだまだ知らない事、知るべきことが沢山あるんでしょうね。これじゃなきゃ!!これであるべき!!ではなく、常に柔らかな頭でいたいなと。可能性は、無限にある。有限だと決めてしまうのも自分自身。


0 件のコメント:

コメントを投稿