自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2013年2月17日日曜日

アコースティックハウスジャム、お越し頂きありがとうございました。

昨夜は、とっても寒い夜にも関わらず、アコースティックハウスジャムにお越し頂きまして、本当にありがとうございました。


前回お越し頂いていたお客さまから、また聴きたいと思って来ました。なんて、これ以上にないくらい嬉しいお言葉を頂いて、感無量でした。(T ^ T)


ここ最近、帰国してからやっとライブの心構え的なものが取り戻せた様に思います。感覚というか、メンタル的な物が、いかに歌に影響してくるかという事をしみじみ感じます。


歌は、どの楽器よりもストレートに感情の影響を受けるんじゃないかな。声は、言葉と一緒に感情を表現する為にあるともの、声色って、言葉とは裏腹な気持ちなんかも表現してしまう物、それだけに感情の影響を受けやすい楽器を使って演奏するのが歌なんですもんね。そう考えると、裸の感情をそのままに表現してしまうという怖い楽器、暴れ馬を扱ってるのがボーカリストだと思います。


さて、次の暴れ馬との闘いは、2/25地元大宮サコズバーでのライブになります。お時間ありましたら、ぜひぜひお越しくださいませ。少しでも暖かい日になるといいな。
  

0 件のコメント:

コメントを投稿