自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2015年7月27日月曜日

音楽発表会

先日、娘のバイオリンの発表会がありました。今回は、合唱団の子ども達の参加もあり、とても賑やかな楽しい会でした。いやいや、いろんな人の演奏を聴くのは、ジャンル問わず勉強になるものです。

音楽を通しての自己表現については、ピアノを習っている頃から、ずっと考えさせられることがありました。中学の多感な時期は、自分の感情全てをピアノにぶつけて、よく先生に怒られてたな。自分の感情を押さえて演奏する事の大切さを先生は私に言っていたけど、その頃の私には到底わからず…。歌を始めて、あの頃の先生が言っていた事が度々頭に浮かびます。

昨日は、声楽もあって、シルバーグレイの男性が落葉松を歌っていました。心打たれて、私、司会にも関わらず、泣いてしまいました。次の方の紹介に支障がなかったので、よかったけど。あと、みかんの花咲く丘。これは、母が小さな頃によく歌ってくれた歌で、これまたヤバイ!!泣いてしまいました。音楽って、素晴らしいなぁ。心に直接働きかけてきます。その分、表現の難しさもある。わざとらしかったり、あざとさなんか、全部丸見えになってしまうもんね。素直に真っ直ぐな心が心地よく、こちらの心にも染み込んでくるんだな。好みの問題も勿論あるでしょうけど。

またもう一つ嬉しい発見あり!!娘のバイオリンの先生は、古くからの友人で、彼女の大学生の息子さんが、ピアノがとっても上手!!リズムがとてもいいので、ジャズやったら?とお誘いすると、実はとっても興味ありました!!とのこと!!今度、どこかのライブにお連れすることになりました。ジャズピアノ新入生となるか!?

0 件のコメント:

コメントを投稿