自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2016年4月24日日曜日

Jazz Spot J ライブ御礼

貴重な花金(すでに死語でしょうか?笑)に、新宿Jにお越しくださった皆様には、心より御礼申し上げます。私にとってとても心に残るライブになりました。あんまりにも感動が大きくてすぐに文章にできない気持ちでした。この思いをどうやって文章にできるか・・・結局できないのがわかっているから、すぐにブログ更新できなかったんだと思います。

鳥肌が立つような心ふるえるライブ。そんなライブがいつかできたらと思っていました。


この日のライブはギター、ベース、ヴォーカルという編成でしたが、な・なんと偶然にもU.K.からいらしたブリティッシュの方がいらっしゃいました。しかもしかも、なんとっ!!ピアニストだという事!!せっかくなので、参加してもらえますかとの私たちのオファーに、快く答えてくださいました。3rdセットまるまる参加してもらいましたが、Duncanのピアノは、ピアニッシモから、フォルテッシモまで自由自在で音色がどこまでも美しく、バンドを引っ張っていきます。でも、私の歌にどこまでも寄り添ってくれます。打ち合わせも何もなくても、初めての共演でここまで完璧に演奏できてしまうなんてDunkan何者!?音で誘導してくれて、音で共鳴してくる。音楽って言葉が全くいらないんです!!この日のこの場にいらした方すべてが、改めて音楽の偉大さをひしひしと感じていたのではないかと思います。



それから、今までリズムに縛られすぎていた私の歌ですが、少し解放してみました。この日は装飾音符も思う様に使えて、とにかく力がうまく抜けた様に思います。テーマは尽きないけれど、尽きない事が幸福でもあると思えます。死ぬまでジャズという音楽とつながっていたい。そんな風に思った夜でした。


Thank you for coming to Jazz Spot J last Friday.
We have a lot of foreign guests these days at “J” and on the night we had a British pianist. His name is Duncan. I was very impressed as he is really, really a good player. His sound is beautiful and intelligent. Before I sang with his piano, I first thought we should have had a rehearsal. However we could concentrate on our session without it. I felt that we could relate to each other with music.

0 件のコメント:

コメントを投稿