自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2016年11月19日土曜日

Solild Beat 初出演ライブ御礼

昨夜のソリッドビートにお越しくださいましたお客様には、心よりお礼申し上げます。

朝晩の冷え込みがきつくなってきたこの季節に、わざわざお足をお運び頂くこと、本当に感謝ばかりです。

昨夜のライブはいつもとは違う趣向でのライブとなり、
「ジャズとシャンソンの夜長」というタイトルのライブでした。

シャンソン歌手のLaraさんは、日本語で歌われるのですが、やはり母国語というのは心に直接響きます。またLaraさんご自身が歌詞を伝えるのがとても上手な方だというのもあると思います。すっと心に入ってきて、情景が浮かぶのです。

ピアニストの川村健さんには、今回ジャズとシャンソンの伴奏をとのお願いをしました。無理なお願いにも関わらず、快諾してくださり、いつもの通り顔色一つ変えず、最初から最後までクールに完璧に演奏してくれました。いやいや~素晴らしかった!!

ジャンルが違えど、音楽というのは、心に響くものですね。今回のジャズとシャンソンの夜長。そんなことをみなさんに伝えられたらいいなと思っての企画だったので、ジャズをいつも聴きにいらしてくださっているお客様がお帰りの際に、シャンソンもとても楽しかった!!と。また、Laraさんのお客さまがお帰りのときに、とてもよかったわよ。なんて声をかけていただけたのは、本当にうれしかったです。

また何か面白い企画もののライブできたらなと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿