自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2017年9月14日木曜日

A Foggy Day

霧のロンドン。とても幻想的な日もありました。勿論東京よりは多いけど、年間で数えられる程度じゃなかったかな。この歌詞に出てくる大英博物館も一度行きました。あんまり覚えてないけど、ミーラが置いてあったことを覚えています。


トニーベネットは、力の抜けたパフォーマンスの中に素晴らしさがあります。もう少し歳をとったときにこんな雰囲気で歌えたら、私も歳をとるのが楽しみです!!トニーベネットは、声の為に中年期以降かなり、酒、タバコ、喉の酷使等、節制しているそうです。

さてさて、是非聴いてみてください。




0 件のコメント:

コメントを投稿